美味しいコーヒーのパブリックサロン

香道・立礼茶道・着物着付けを楽しむ

講師:黒川宗圭 茶道裏千家 直門教授 淡交会特別師範

茶道裏千家 直門教授 淡交会特別師範 茶道教室「養心」主宰

ナポリ、ウィーン、リンツ等にて茶会開催

着物着付け師範・教室運営、衣紋道恭愛流名取

茶道歴 40年   指導歴 20年

 

香道は、お作法の元に、香木を炷き、香炉の香気を楽しみます。そして、和歌や情景を思い浮かべ楽しむ、芸術性、精神性、文学性の高い芸道です。雅な落ち着いた雰囲気の中で、日本文化をはじめ、アジアからの異国文化を含む、香木のお話しなどにも親しみ、豊かに交流します。

 

着物着付けを楽しむ 

優しい黒川講師により、一対一で丁寧に教えて頂きます。

個別指導を基本に、一人で着て頂けるよう、初歩から指導させて頂きます。

後の茶道講座を引き続きご受講の方には、特別割引がございます。

新宿のビルの一室ではありますが、静かな空間で、和文化に集中して、

自分自身を高めるひと時を、お過ごしください。

 

香道を楽しむ 

香道テーマ  

 10月 後の月 十三夜

 11月 秋深む 紅葉

 

 12月 冬木立 年の暮れ

 

立礼の茶席

立礼(りゅうれい)とは、畳に坐って礼をする坐礼とは異なり、フロアに椅子席を配し、棚(立礼棚)にてお茶をもてなし、主客は立って礼をするため、「立礼」といいます。

現在の住宅環境では、正座する機会が限られてきています。お茶を苦手とする理由の一つに、正座があるかもしれません。

当「和み堂学舎」では、カジュアルにも、洗練された趣向にも応用できる形式です。また、今後活発となる海外からのお客様にも、立礼の茶席は受け入れられやすいと存じます。

お茶道具拝見も、愉しみの一つです。季節に応じて貴重な品々をご用意致し、大変好評を得ております。

 

カリキュラム

●お茶の歴史・効用 薄茶、主菓子・お干菓子の頂き方

●四季の取り合わせについて 薄茶と濃茶の違いについて

●割稽古 ふくさのさばき方 棗(なつめ)・茶杓の清め方

●茶巾のたたみ方 茶碗の拭き方 茶筅通し 柄杓の扱い

●立礼和親棚にて薄茶点前 生活の中の茶の湯の楽しみ方

 

(5/17)西郷隆盛ゼミ――征韓論の嘘と西郷隆盛の真実

(5/26)荘子読書会・天文クラブ